ハンドボールの試合を見に!

Published / by wpmaster

地方の体育館で行われるハンドボールの試合を見に行ってきました。
ハンドボールは11月からレギュラーシーズンが始まり、プレーオフが3月にあって優勝チームが決まります。
そこでちょっt迷子になってね…。道端で草むしりしていたおばちゃんに〇〇体育館に行きたいんだけど道を尋ねると、「あ~信号、左に曲がって最初の建物だよ」と自信たっぷりに一言。情報量少なっ!て思ったんだけど、あまりきっぱり言われたので引きさがったんですけどね。「ありがとうございました」ってお礼いってさ。車に戻って運転している友達に「信号左に曲がって最初の建物だって」といったんですが、どこまで行っても信号がない。ウッ…返答に困る私。「役に立たないねぇ」そんな会話を続けながら進むこと30分。
信号がありました。半信半疑で左に曲がるとずーっと続く長い道。これまた20分走ると、ありましたよ、体育館。そこで判明したんだけど、ここら辺には、信号は一つしかないんだって。したがって信号を左折するのはドンピシャリ!
しかし、ホテルの近くの体育館って聞いたよ。信号も渋滞もなく走り続けて車で50分。それって近所なの?
それでも、試合を見ることが出来てよかったんだけどさ。日本ハンドボールリーグの試合は会場で当日券を販売していたので買ってすぐに見ることができました。
会場によって,販売方法は違ったりすようなので、やっぱり観戦する試合の予定会場に問い合わせて確認したほうが安心だ。それと出来れば前売りの方が安い場合が多いので、そっちがいいね。
私は学生の時に右利きの左サイドだったですが、サイドシュートが入るようになるにはどのようにすればいいのかと思っていんですけど、やっぱりコントロールが肝心だね。プロの試合を見ていて改めて気づかされました。
そういえば、友達がいっていたんだけど、最近は元・日本代表サイドプレイヤー監修のハンドボール・サイドシュート上達革命というDVD教材もあるようだす。
コツや練習方法も分かるからサイドプレーヤーは参考になるなあー。

ハンドボールの理論はトッププレーヤーに習うことはやっぱり多い。試合を見るとゲーム中ボールを持っている時間が凄く短い。これは裏を返すとディフェンスとするときの攻撃を予測、オフェンスではパスを受ける前にディフェンダーの状況をチェツクし、パスを受けた時点ではシュートかパス、フェイントかを決めているんでしょう。
ハンドボールをやっているなら、実際に試合会場に足を運んでみると、いろんな気づきを得ることが出来ますよ!!

お子様ランチ

Published / by wpmaster

ママ友の久美子さんと先日食事をしたんだけど、子供連れだったからお子さまランチを注文したんです。
他に子供向けのメニューもないし、子供が食べたがるのでついオーダーしてしまいます。でも、親としてはイカン、と思うこともいろいろあります。
まず、栄養的に偏っている。日頃から野菜を食べようねと教えているのにきゅうりとレタスが数枚乗っているくらいのものばかりなんです。
もっと子供が野菜好きになるメニューの工夫もして欲しいところです。
そもそも今レンジでチンしてきましたものが多いのも不満です。外国のレストランでは、大人用のの半分の量をハーフ・ポジションと呼んでいるものもありますから、こんな工夫をしてくれたら、わざわざ子供用なんて作らなくても、考えて選べば、バランスのいい外食も出来ますよね。
でも、下の子には、野菜たっぷりの安心して与えることが出来るベビーフードを定期購入しています。
私はこちらのサイトで紹介してあったものが参考になりました。
ベビーフード・離乳食のオーガニック
更に、乳酸菌飲料やプリン、ゼリーなどの甘いものがついているのも困ってしまう理由の一つです。
それによくあるおまけのおもちゃも、本人が喜んで遊んだことはめったにない。持って帰ってもごみになるものばかり。
この前なんか子供と相談して、2人で「おまけはいりません」とオーダーを取りにきた店員さんに話して、おまけのかわりですとミードボールを一個余分につけてもらいました。
子供は良かったと喜んだし、我が家で処分しなければいけないゴミが一つ減って私も嬉しかったです。
次の機会にそのお店に入ってみると、、おもちゃの質が良くなっていたのでもらって帰り、子供はそのおもちゃを大事にして遊んでいます。
セットだからと何でももらわない、いらない時は省くことを申し入れるちょっとした勇気がお店を変えることを親子で体験しました。
美味しくて栄養と夢があって、買い物上手になれるお子様ランチが理想かな~(‘ω’)ノ

リフォームとデザイン

Published / by wpmaster

三世代でクラス我が家。3階建ての各フロアにそれぞれが離れて暮らすライフスタイルから、より交流のある暮らしをと、リフォームを決めました。家族が集うのは、やはり食事の時間。普段の生活は別々でも、夕食は一緒という父と母の希望もあって、3階のキッチンを見はらしいのいいオープンなスタイルにしました。
それまでは、貨bに向かって料理をしていた母も、今は家族の見えるキッチンで楽しく食事の支度をしています。父の池や木々を眺めながら、ゆったりとお風呂に浸かりたいという願いを叶えた浴室は、庭を一望する2つの窓、ジャグジーや床暖房、スピーカーを完備。2階に暮らす長男夫婦や1階の母も、良く入りにきます。
外食よりも我が家のダイニングの方が落ち着くし、お風呂が気持ちがいいので温泉旅行にも行かなくなりました。
リフォームすることで、間違いなく家族の時間が増えました。
その時に参考にしたのがこちらのサイトです。
岡山で外壁塗装※費用を安くするなら見積もり比較がおすすめ

また、一般的にデザインを作るのは色と素材と言われています。キッチンの場合なら長方形と形は決まっていますが、場合によっては丸いものも、正方形のものもありますが、ここでは省きますが、色と素材と言うのは生活に蜜着しているだけに、デザインに影響が強いものです。
例えば、ナチュラルスタイルなら、誰もが納得する要素があることでもわかります。たいてい自然の土や色や太陽。森や草などをイメージするかと思います。素材は木やタイル、石、レンガなどを思い浮かべるかもしれませんね。なぜ、そういうことが起こるのかというと、色や素材は心理的にその色や素材にふさわしいイメージもっているからなのです。
例えば青色を見ると、涼しく感じたり、垢鵜アオレンジ色を見ると食欲が増したり、黄色を見るとレモンを思いだして酸っぱい気分になるというのがそれです。
色や素材をそのスタイルのイメージにふさわしいもので当てはめていくと、思い通りのコーディネートが楽しめるというわけです。
今はナチュラルキッチンが人気のようですが、、そのデザインはキッチン全体がオフホワイト色で、タイルを散らして、カラフルな調理器具を並べて、床はテラコッタタイルでというキッチンが多くみられます。
温かみがあるデザインなので、人気があるのもわあkりますが、すこしだけ違うカラーを取り入れて、自分好みの素敵なキッチンにリゴームしてみるのも良いかもしれませんよ。

水泳の試合の持ちもは2日前に用意しよう

Published / by wpmaster

水泳の試合が近づけば、当日の準備をしなければいけません。
持ち物は年齢にかかわらず自分で出来るものはすべて自分で用意するようにすることが大切です。
あくまで試合に出るのは自分ですから、それをあらために確認することも出来るからです。自分の責任のもと好きな水泳に取り組んでほしいとと思います。

なぜこんな話をするのかというと、うちには小学校5年になる息子がいるのですが、親が用意したのでは、メンタル面はもちろん、教育面から考えても好ましくありませんね。
また、親のほうもつい心配になり、「着替えは入れた」と聞くし用意できていないと「何でいれてないの」とケンカになったりします。それでは良くないですよね。じぶんだけで準備しなければいけないと、誰のチェツクもないため、おのずと何度も確認したくなります。また、あの時にはこれが必要とか、こういうときにはあれもいるかなと当日の流れをシュミレーションすることにもなります。それでも不安に思う人は事前に持ち物を確認リストを作るといいでしょう。
試合当日の朝に急いで準備して、あれがない、これがないと大騒ぎなる人も少なくありません。そうした焦りがあとあとまで影響してしまい、不必要な状況で気持ちが高ぶってしまいます。これでは冷静さに欠けてしまい、大切な試合の本番で高いパフォーマンスを発揮することも難しくなってしまいますよね。
持ち物の準備は、試合の2日前に負えておくことが私の経験から言って理想かなと思います。時間的な余裕があれば、ないものは買いにいくことが出来るし、確認も2回、3回とできますし。
また、準備をするというのは緊張が和らだり、心が落ち着きます。試合前の夜に眠れないということを防ぐことにもなるのかなと感じています。

以前に水泳教室で、小学校3年の女の子が自分で用意したにも関わらず、キャップを忘れてしまったことがありました。お父さんが急いで家に取りに帰って、試合には何とか間に合ったのですが、その子は会場で大泣きして、本番では当然納得のタイムを出せなかったようです。
ここで私が感心したのは、お父さんが「忘れとこうなるんだぞ」と準備不足は大きな影響を与えてしまうということを娘さんに丁寧に教えて勉強の場に変えたことです。
そうした、まずい忘れちゃった、どうしようという苦い思い出があることで、継ぎからはより集中して準備を行うようになります。
持ちものだけではなく、水泳は水中で泳ぎのスピードを競いますが、陸上のトレーニングも大切です。そんなこともあり、日本体育大学 水泳部コーチ藤森善弘の水泳ドライランドトレーニングというDVD教材を購入しました。これは為になりそうです。それと、自分で失敗を経験することは、非常に大切だと思います。失敗した時に、それを知らない間に周りの人がカバーしてしまうと、本人が失敗したことを自覚できず、また同じ失敗を繰り返してしまいます。

美容の口コミを実証してみた

Published / by wpmaster

私は美容オタクです。そんな私の実益を兼ねた趣味が美容の口コミを体を張って実証することです。
まず、最近やったところでは、クマ対策の蒸しタオルです。これって良く聞くけどそうなのかな?と思い始めましたが、気持ちがいいし、やってみたら思ったい以上に簡単dした。
短期間だったので目に見えた効果は小さいものでしたが、私はパソコンを使って良く仕事をするので、毎晩疲れをリセットするために続けようかと思っています。
また、水分代謝が悪いのか、むくみがちな私。そこで試してみたのがお茶パックで、これは目からうろこでしたよ。
はじめは肌が汚れないか不安でしたが、紅茶と緑茶の両方で試してみました(笑)短時間のせいか、ひんやりはするけれど劇的な変化はみられず…ティーパックなら冷やして使うといいかもです♪
また、唇の乾燥で悩む私は、オリーオイルのマッサージに挑戦してみました。少量つけてマッサージして吹き取った後は、表面上の荒れがなめらかになってきたような気がします。
ただ、オリーブオイルそのもので、ふき取っても多少味が残るのが難点かな…。そのため、毎日続けるには根気がいるかもしれません。
さて、そんな私にはデリケートゾーンの黒ずみが悩みの種。何かいい方法はないかと口コミなども当たってみましたが見当たりませんでした。
そこで、黒ずみクリームを今は試している最中ですが、美白と保湿のWのアプローチでイイ感じですよ。こればかりは買っちゃったんですけど、なかなか良いです。

それと、ニキビ肌だった私は、オイリーなものに拒否反応があって、友達に進められた乳液パックもやってみました。こわごわ試してみました。コットンにのせた直母のヌル月は気になりましたが、肌が柔らかくなりモチっとしたのにはびっくり、表面にはかさつきあるけれど、ニキビが出来やすいという人にはいいかもね♪

また、気分転換にはあたらしい色の口紅に挑戦してみるといいですよ。そうすると知らなった魅力を見つけたり、こころがウキウキしたり、毎日のメイクが楽しくなります。
口紅一本で嬉しくなってしまいます。自分でも単純だなと思うけど、そいう気持ちって女の子には必要なことだから。
疲れていても口紅を塗ると元気が出たり、色をかえだたけで急に大人になっあような気がしたり、好きな人が出来ると新しい口紅を買ってしまったりと本当に不思議です。

結婚て一番に思ったこと

Published / by wpmaster / コメントをどうぞ

私は長年結婚願望がありませんでした。
体型にコンプレックスがあったし、自分の人生に結婚というトピックが起こるという可能性を考えたこともなかったからです。
当然、自分には関係してこないと思っていた。結婚するのがすごく嫌だったし、私にとって結婚は、もはや恐怖の対象だったから。
浮気夫と結婚しても破滅の始まりだし、めちゃくちゃ大切にしてくれる夫を持っても、それはそれでかごの中の鳥としての人生が始まるし…。
そんな体型にコンプレックスを持っている私が「結婚してみよう」と思えたのはぽっちゃり好きが集まる婚活サイトに無料で登録したからです♪
また、嫌になったら離婚すればいいや!がセットになっていたからで、何事も初回は上手くいかないのが普通だしね。「初婚は離婚することほうが自然かも」と吹っ切れたからなんですが、そのようにして肩の力を抜いて結婚してみた結果として、離婚したくならない結婚生活を送るためには独身時代の過ごし方が大切だtぽいうことに気づきました。
独身時代に飽きてから結婚をすること、これがすごく大切なポイントかな。私は自分について適齢期に結婚したと思うのだけれど、適齢期というのは年齢で決まるものではなく、独身時代に飽きたタイミングっもことだと思う。

結婚イコール自由が奪われる。この発想は、独身時代に飽きていない人の考えだ。20歳から28歳までチャラ意味で遊び倒した結果、ある日、ふと飽きたと思ったんです。
かごの中の鳥じゃんと思っていた結婚生活は、ふたを開けてみたらめちゃくちゃ快適だった。
何だか気まずくて緊張する待ち合わせも、お酒を飲まないと間が持たないようなよそよそしい会話も、今夜の二人がエッチをするのかしないかの探り合いも、ああいう面倒くさいことをもう一切しなくていいと気づいたとき、なんとも肩の荷がおりた重いです。
自分では楽しんでやっていると思っていた異性交遊だったっけど、たいぶ私を気疲れさせていたみたいです。
結婚して一番の思ったことは、意外にも解放された感があることでしたよ。
独身生活の煩わしさかかいほうされました♪

最近の私が気分転換にしていること

Published / by wpmaster / コメントをどうぞ

初めまして。名古屋に住んでいるユカと言います。このブログでは自分らしく楽しく日常の出来事や気になっていることを書いていこうかと思っています♪
そういう私は、最近コミックを続けてたくさん読んでいます。
今日はコミックを読む日、そう決めて1日まるまるついやしてしまっています。
電話は留守でんにして。ご飯や飲み物、お菓子は前日から近くのコンビニで買い込ん準備万端。
もちろん、メイクもしないし、1日中パジャマのままです。何十巻とある長いコミックを読み始めると気がついたときには、もう夜なんてこともよくあるかな。
私的にはけっこう充実した、楽しい日です。

また、ホテルで朝ごはんを食べてみるのも好きです。
でかけるギリギリまで寝ていたい。ほとんどの人は、毎朝、そう思っているはず。
だけど、たまには早起きしてホテルへ朝食を食べにいくのもイイよ。
焼きたてのパンや形のいいオムレツや、立ちのぼる煎れたてのコーヒーの香り。
のんびり新聞を読んでいる旅行者。そういったホテルの風情は、いつもも慌ただしい朝とは、ちがう気分を味合わせてくれます。
ホテルでの朝食なんて、ちょっと贅沢だけど、ときには自分に特別の朝を用意してあげるのもいいものです。
仕事が休みの日は、ブランチを食べにホテルに行くのもいいですね。
時間を気にしないで、ゆっくり、たっぷり、おいしいものが食べられる。あとは、金曜日の夜からホテルに泊まって、朝、ルームサービスをとるっていうのもたまにはいい気分転換になっていいと思う♪
それと箇条書きの日記をはじめました。日記に書くのは最近のことが多いかな。
その日に起こったこと。お昼に食べたランチのこと。久しぶりに会った友達のこと。新しく買った本のことなどの何でも。メモみたいに簡単にその日にあったことを書いておくだけで、その時の自分を知ることが出来るから。
それが箇条書き日記の一番の魅力です。