リフォームとデザイン

三世代でクラス我が家。3階建ての各フロアにそれぞれが離れて暮らすライフスタイルから、より交流のある暮らしをと、リフォームを決めました。家族が集うのは、やはり食事の時間。普段の生活は別々でも、夕食は一緒という父と母の希望もあって、3階のキッチンを見はらしいのいいオープンなスタイルにしました。
それまでは、貨bに向かって料理をしていた母も、今は家族の見えるキッチンで楽しく食事の支度をしています。父の池や木々を眺めながら、ゆったりとお風呂に浸かりたいという願いを叶えた浴室は、庭を一望する2つの窓、ジャグジーや床暖房、スピーカーを完備。2階に暮らす長男夫婦や1階の母も、良く入りにきます。
外食よりも我が家のダイニングの方が落ち着くし、お風呂が気持ちがいいので温泉旅行にも行かなくなりました。
リフォームすることで、間違いなく家族の時間が増えました。
その時に参考にしたのがこちらのサイトです。
岡山で外壁塗装※費用を安くするなら見積もり比較がおすすめ

また、一般的にデザインを作るのは色と素材と言われています。キッチンの場合なら長方形と形は決まっていますが、場合によっては丸いものも、正方形のものもありますが、ここでは省きますが、色と素材と言うのは生活に蜜着しているだけに、デザインに影響が強いものです。
例えば、ナチュラルスタイルなら、誰もが納得する要素があることでもわかります。たいてい自然の土や色や太陽。森や草などをイメージするかと思います。素材は木やタイル、石、レンガなどを思い浮かべるかもしれませんね。なぜ、そういうことが起こるのかというと、色や素材は心理的にその色や素材にふさわしいイメージもっているからなのです。
例えば青色を見ると、涼しく感じたり、垢鵜アオレンジ色を見ると食欲が増したり、黄色を見るとレモンを思いだして酸っぱい気分になるというのがそれです。
色や素材をそのスタイルのイメージにふさわしいもので当てはめていくと、思い通りのコーディネートが楽しめるというわけです。
今はナチュラルキッチンが人気のようですが、、そのデザインはキッチン全体がオフホワイト色で、タイルを散らして、カラフルな調理器具を並べて、床はテラコッタタイルでというキッチンが多くみられます。
温かみがあるデザインなので、人気があるのもわあkりますが、すこしだけ違うカラーを取り入れて、自分好みの素敵なキッチンにリゴームしてみるのも良いかもしれませんよ。